キルトカフェホームお茶にしませんか旅行・テーマパーク

No. 075 アロハ!ハワイ〜その2

■ハワイの3日目

hawaii10.jpg 午前中は「アトランティス潜水艦ツアー」に参加。ワイキキビーチの沖合まで船で行き、海上でサブマリン「アトランティス号」に乗り込みます。海中散歩を楽しんできました。写真は、潜水艦の中から悠々と泳ぐ「かめ」が写っているはず?です。
hawaii11.jpg 午後は、専用車を借りての観光です。まずは「ドールパイナップル公園」です。ここでは、巨大迷路に挑戦。3組に別れて勝負しましたが、姉と組んだ我が組は、残念ながらビリでした。ビジターセンターには、ドール社のオリジナルグッズをはじめ、キルトショップもありました。ここで、ドール社のシンブルをみつけて大満足!
hawaii12.jpg 車からパールハーバーを見て「ビショップ博物館」へ。ここも、ぜひ、足を運んでみたかったところです。ここでも日本語を話せるガイドさんに、1階を案内してもらいました。残念ながら、駆け足で見てまわることになってしまいましが、それでも念願のハワイアンキルトを見ることができて大満足!
ビショップ博物館では、体験ツアーも用意されています。キルトやレイ、フラ、ウクレレなどを体験することができます。リーフレットをもらっただけで終わってしまったのが残念です。ホノルル美術館へ行けなかったのも、唯一の心残りです。

心配していた潜水艦ツアーも無事終えて、みな一様に「よかった!よかった!」の連発。実は7人中、私を含めて船酔いをする可能性のある要注意人物が4名。潜水艦の中は、まったく揺れはなかったものの、行き帰りの船が危なかったです。

夜は、ステーキハウス「ハイズ」で、ちょっとリッチにコース料理。宿泊先のハイアットリージェンシーワイキキホテルから歩いてすぐのところにあります。内装にマホガニーを使った、重厚な雰囲気のお店です。お料理は、とてもグッドでした。量は、やはりちょっと多め?でした。

hawaii19.jpg ホテルまでの帰り道にある「キングス・ビレッジ」へ寄ってみます。カラカウア通りに面したお店のほとんどは、夜遅くまで営業しています。このキングス・ビレッジは、他のショッピングセンターとはちょっと趣がちがっていて、欧風建築のこぢんまりしたショッピングモールです。ここでなんと、シンブルを大量にゲット!
姉と私は、その後もまだまだショッピングを続けます。「欲しいものがあったら夜のうちに買っておかないと、いつ、買いに行けるかわからない・・・」というわけです。姉は、リストアップしてあったものを次から次へとゲット!こうしてハワイの3日目も、アッというまに過ぎていきました。

■ハワイの4日目

一日、フリータイム。シャトルバスを利用してアラモアナ・ショッピングセンターへ。ワードウエアハウスにも足をのばしたかったのですが、時間の都合でやむなく断念!

まったくショッピングに気のすすまなかった甥っ子は、げんきんなものです。直行したおもちゃ屋さんで「ベイブレード」をみつけたらしく上機嫌でした。姪っ子たちは、洋服やサンダル、お友達へのおみやげなどなどをゲットして、これまた上機嫌でした。

私は、アンスリウムの花の形をしたうつわをひとつゲットします。割れ物なので、ちょっとためらいましたが、お店の人の丁寧な梱包のおかげで、無事でした。心残りは、大きな大きなアンスリウムのお皿。夢にでてきそうです。

コア・ウッドのものがひとつ欲しかったのですが、パンの木のモチーフを使った時計があって、最後の最後まで迷いました。いよいよ迷う時間もなくなって、結局、ペーパーナイフになってしまいました。

いわゆる高級ブランドショップなどには目もくれず、楽しみにしていた「ニーマン・マーカス」もトイレに立ち寄っただけで終わってしまいました。(笑い)

あわただしくワイキキに帰ってきたところで、abcストアーでおにぎりとカップヌードルを買ってホテルの部屋でお昼。お湯は、コーヒーメーカで沸かします。緑茶のペットボトル、おにぎり、カップヌードルは、どこのabcストアーにもおいてあります。カップに入ったインスタントのお茶漬けがあったのにはビックリ!

サンセットディナークルーズの集合時間までに、ちょっと時間があったので「ナイキタウン」へ。中学2年生の姪っ子は、身長が私と同じ165cm。足の大きさがなんと25cm。ひょっとしたら25.5cm?あるかもしれません。デカイのです。日本では、このサイズだと数が少ないらしく、彼女はひそかにこのハワイにかけていたみたいです。(笑い)

甥っ子と小学6年生の姪っ子は、義理の兄と3人で最後のワイキキビーチへ。義理の兄の母は、ホテルのお部屋でゆっくりとくつろぎます。

hawaii13.jpg サンセットディナークルーズ。子供たちは、ハワイでゲットしたものに着替えて大満足!「スター・オブ・ホノルル号」に乗船して夕陽を眺めながらディナーを楽しみます。ノンアルコールのシャンペンで乾杯!メインメニューは、大きな「ロブスター」と「ヒレステーキ」でした。
hawaii14.jpg ハワイの夕陽」です。7時10分。夕陽が沈んでいきます。とても奇麗でした。運良く、瞬間をパチリ!アッというまに沈んでしまいました。意外とうまく撮れていたので、自分でもビックリ!姪っ子や甥っ子たちはダンスショーに参加したりと、子どもたちも楽しめたクルージングでした。
楽しかった旅も明日で終わりです。といっても明日はもう帰るだけです。チェックアウトの時間が早いので、帰りの荷造りを始めます。全てをスーツケースの中に入れて閉まるかどうかをチェック。私は、小学6年生の姪っ子と一緒の部屋だったので、スーツケースも半分づつ使って、2人で1つ。

閉まらないと分かると、姪っ子が買ったサンダルとスニーカーの箱を処分。無事、閉まるのを確認してから、ベッドに入ります。こうしてハワイの4日間は、アッというまに過ぎてしまいました。


■ハワイの5日目

hawaii15.jpg サンデーモーニング。帰国する日の朝、ホテルの海側の部屋のベランダからパチリ!すぐ目の前がカラカウア通りですが、道路を封鎖してパラソルにテーブルと椅子がセッティングされていました。月一回「日曜日に行われている食事会」だそうです。メイン通りを封鎖してしまうなんて、大胆!
hawaii16.jpg ハワイの朝陽」です。こちらもホテルの部屋のベランダからパチリ!まったくの偶然です。たった今、山側から朝陽が顔を出したところです。いかに早起きをしたかがお分かりになると思います。
hawaii17.jpg マハロ!楽しかったハワイも今日でお別れです。「ホテルの玄関を出たところ」で、空をみあげてパチリ!左から、星条旗、ハワイ州の旗、そしてお世話になったホテルの旗です。青い空と海を目に焼きつけながら、アロハ!
ホノルル空港へ着いてからは、搭乗の時間まで本屋さんで時間をつぶします。ハワイの植物が載っている本を一冊、ハワイアンソングのCDを一枚ゲット!いよいよ、これで最後です。

「ハワイのはとバスツアー」と銘打った今回のハワイの旅でしたが、こうして振り返ってみると、いかにも日本人らしいスケジュールでした。海でのんびりもいいけれど、観光名所をめぐりながら、ハワイの文化にふれてみる旅もなかなかいいものだナっと思いました。

何度も登場してきておなじみの小学2年生の甥っ子の絵日記帳には、1日目は飛行機の中、2日目はポリネシアン文化センターで見たファイヤーマン、3日目はアトランティス潜水艦、4日目はスター・オブ・ホノルル号と、ページいっぱいに描かれていました。とても楽しい思い出です。

ひさしぶりの海外旅行でしたが、年をとるにつれて、旅の楽しみ方も変わっていくものだと、つくづく思いました。(笑い)オプショナルツアーも、子供と一緒だとあきないものです。誘ってくれた姉ファミリーに感謝、感謝、マハロ!です。

最後に次回の予告です。肝心のハワイアンキルトについてのレポートですが、次回、詳しくおとどけしたいと思います。キルトの本や工芸品、コレクションシンブルなどなど、今回ハワイでゲットしてきたものを一挙にご紹介したいと思っています。お楽しみに!

2001年08月19日

キルトカフェ 旅行・テーマパークにまつわるコラムです。
キルトカフェは2005年3月1日にオープンしました。